基本的に精神科受診は勧めません。薬には必ず副作用があるので、よい環境を作って症状を軽減した方が、体にも心にも良いです。ただし、自傷他害の恐れのある人、症状が重すぎる人に関しては、年齢を重ねた医師(60代位)が診察する病院を勧めます。ひと昔前の薬は効きが悪く、診察技術が必要だったため、患者さんの話を聴き薬を調節してくれることが多い感じがするからです。