精神的に落ち着かなくなる原因として不眠があげられます。成長ホルモンは不眠症の改善にも効果が認められています。成長ホルモンの分泌を促す必須アミノ酸であるアルギニンが多く含まれている魚介類、肉類、ナッツ、玄米、レーズン、エビ、牛乳を寝る前に食べることも、安眠に効きます。ただし、カフェインと一緒に食べると逆効果になります。≪引用・参考文献 青山由美子監『目覚めの良い朝のための ぐっすり眠れる本』株式会社アントレックス 2017年≫