カウンセリングとは違う、メンタルコンサルタントをあなたに

まずはco-listenのWEBサイトにお越しいただきありがとうございます。
代表兼コンサルタントの村中 洋紀と申します。

世の中には精神科や心療内科など悩みを相談できる機関が多数存在しています。
そこでみなさんに問いたいです。
精神科や心療内科を受診するとパワハラやいじめなどの悩みが解決できると思いますか?

精神科心療内科の医師は、患者の症状や訴えを聞き、症状にあった薬を処方する仕事をしています。極論を言うと初診(初めての診察)以外は、症状や環境の変化がなければ、話を聞く必要がありません。
精神科や心療内科の医師が、不安な気持ちを、継続的に聞いてくれない可能性があるんです。

幻聴や不安感等がひどく、薬を飲まなければ、生きていくことが困難な患者さんはいます。一方で、精神科・心療内科受診をしなくても、話を傾聴してもらい自己肯定感を高めたり、周りの環境を整えることで、今までの生活を維持できる可能性が高い人もいます。

実際、精神科・心療内科受診で、社会的信用が低下し、金銭的な困窮に陥る人もいらっしゃいます。

自分らしい生活を送るきっかけを見つけていただく

​co-listenはとにかく相談者様の話に耳を傾けることを大切にしています。質問やコミュニケーションを重ねていく中で、不安や悩みを感じている根本的な部分を明確化し、それらに合わせ、相談者様の背中をそっと押すことができるようなアドバイスを心がけています。

悩みを抱え込んでしまうと、悩みと悩みが絡み合い自分だけで打開策を見つけること自体が難しくなってしまいます。
誰かに相談することで気持ちが和らぎ、悩みも明確化し、自分が今すべきことも見つけやすくなります。

co-listenのメンタルコンサルタントを通して、一人でも多くの方に自分らしい人生を送るきっかけを見つけてほしいと願っています。

co-listen代表:村中 洋紀​

経歴

  • 愛知県内心療内科デイケア室室長
  • 愛知県内福祉相談センター児童育成課主事
  • 愛知県内精神科相談員

資格

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士(実習指導者講習受講済)
  • 保育士